Gen-Blog

自分が行ったライブ、買ったCDの感想を中心に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DOLL$BOXX LIVE at 新宿BLAZE

だいぶ経ってしまいましたが、昨年末、12月16日(日)、DOLL$BOXXのワンマンライブを見に、新宿BLAZEへ行ってきました。このライブ会場は初めてですが、700とか800人入る箱らしい。なんせ、この日にデビューアルバム「DOLLS APARTMENT」を購入したので、曲を覚えきれずに参戦となりました。購入後、帰宅して、すぐにアルバムを聴き、ライブへ向かう移動時間も含めて4回聴けたのみ。既にPVが公開されていた曲、ラジオで流れた音源、Gacharic Spinの$ヴァージョンと、4曲はしっかり把握できた。まあ、例のごとく当日券だし、後ろでじっくり見るからいいだろうと、思いながら会場へ。

会場へ着くと、当日の朝に、ライブ参戦を表明した友人と待ち合わせると、その友人はなんと、ついさっきアルバムを購入したとのこと。全曲飛ばしながら聴いただけと言う。当日券を買おうとすると、Twitterのフォロワーさんから声をかけられ、当日券を購入してから挨拶。さすがに、Gacharic Spinの現メンバーとLIGHT BRINGERのVoの合体バンドだけあって、フォロワーさん達が来るわ来るわ、初めましての方にも挨拶できて、開場時間までおしゃべり。

開場時間になると、それぞれ整理番号順に入り、当日券の私は当然最後の方。会場に入ると、なるほど広い。まだ来ていない人もいるのか、まだ空間が目立つ。さらに、既に入っている人が、見事に前から後ろまでバラけて陣取っているので、一つ目の柵の辺りへ。しかし、その柵の前が空間があり、そのへんはフォロワーさん達がいたので、さらにそちらへ移動。結果的に、前から5列目くらいで見ることに。当日券なのに…。ろくにアルバムを聴けてないのに…。

ガチャピンのライブでもそうだが、Bのチョッパーさん側が私の定位置である。元々、このチョッパーさんのベースプレイとパフォーマンスに惹かれてガチャピンのファンになったし、その気持ちは今も変わらない。私はギター弾き(かなり下手)なんですがね(苦笑)。そして、私が日本で最強の女性Voだと思っているふっきーがいるのだから、自然とVoとBの立ち位置の間をキープ。開演時間が近づく頃には、さすがに7割くらいは入ったようです。

場内が暗転すると、ステージ後方にあるスクリーンに、オープニングムービーが流れる。DOLL$BOXX結成の経緯をメンバーが語っている。いやぁ、私にとっては、「そんな分かりきっていることはいいから、音楽を聴かせてくれ」という感じで、ちょっと余計だったかな。そもそも、ドラムとキーボードで、画面の下1/3が見えない。

ようやくアルバムと同様、1曲目の“Loud Twin Stars”のKeyの音がSEで流れる中、メンバー登場。HPで見られる衣装で登場。「やっぱりこの衣装になるよな(あまり好きではない)」と思いながら、演奏が始まる。CDでの音の悪さが目立つこの曲は、やっと日の目を見ることになるほど、音のバランスはいいようだ。そしてこの曲は、DOLL$BOXXというバンドの魅力が詰まっている佳曲ですね。実を言うと、ライブで見てからこの曲を好きになりました。

このライブの日にCDを購入し、聞いたので、どの曲でどうだったということは、覚えていませんが、パフォーマンスで、人形がライブをやっているかのようなパントマイム的なパフォーマンスがあり、1番ではVoのみが人形的に、2番では演奏人達が人形的に(逆だったかな)、そしてサビで弾けるという、これは見た目も新鮮で、効果的でしたね。しかもあんな人形的な動きでしっかり演奏ができているのが凄い。

途中、LIGHT BRINGERとMETALLIC SPINからのビデオメッセージがあり、小休憩。私的には、こういうものは要らないのだが、メタピン登場には笑えた。一時期は、メタピンの存在に怒りすら感じていたが(マジで!!)、もう、楽しむことにしよう。彼女達曰く、今年も来日するらしいですよ(笑)!!

JOURNEYやIRON MAIDENのカバーは、本人たち曰く、METALLIC SPINがカバーした曲のカバーらしく、実際IRON MAIDENのカバーでは、METALLIC SPINのギターとベースを北欧から借りてきたのか、使っていた(笑)。まあ、度が過ぎなければ、これくらいのコミカルさは許容範囲内。どうせなら、別の日にやったらしい、RAINBOWがよかったなぁ。

浜田麻里さんのカバーは、私にとってはPOP界の人なので、あまりピンと来なかった。“Return To Myself”が始まっても、どっかで聴いたことある曲なんだよなというレベルで、サビでやっと分かったという感じでした。

ガチャピンのカバー“LosT AngeL”が始まった瞬間、これはもう、盛り上がらないわけがない。これも、大阪、名古屋では、それぞれ別の曲をやったらしいです。

“ハンティングサマー” (Gacharic Spin、インストver)で見られたソロ・タイムでは、各メンバー素晴らしいパフォーマンスでしたが、特にDrのはなちゃんの終盤のドラムソロは、凄すぎた。普通はあの場面では、観客が歓声や拍手で応えるものだが、正直凄すぎて呆気に取られてしまった。

本編ラストは予想通りの“Merrily High Go Round”で、予想通りのタオル回し!!そして、このキャッチーなアッパーチューンで、盛り上がらない訳が無い。セトリ全体に見ても、この曲と“おもちゃの兵隊”の2曲のキャッチーなアッパーチューンが一番盛り上がっていたと思う。

アンコールで再登場し、ふっきーが次の曲“Doll’s Box”への思いを語り、涙ぐみ、演奏が始まってからもそれは変わらず、終わりの方では涙をこぼしていた。歌はちゃんと歌っていたし、感情が入っていて素晴らしかったのだが、イマイチその泣きのポイントが分からなかった。それほどまでにこの歌詞に思い入れがあるのか、何か辛いことがあったのか、謎は包まれたままである。

そのままの感情でラスト“ヌーディリズム($ヴァージョン)”を歌うもんだから、アルバムの変に爽やかな“ヌーディリズム”とは違い、素晴らしい歌声だった。

最後にメンバーが前に並び、一言ずつ言い残し(はなちゃんの韓国語がうますぎ!!)、終了。

今回のライブは、ワンマン初日で、まだ演奏慣れもしていないのか、それともガチャピンとの差別化なのか、パフォーマンス的にはおとなしかったかなという感じでした。
ふっきーも、どことなく完全に調子がいいというレベルではなかったように思う。
チョッパーさんも、アルバム同様、楽曲のせいか特徴を生かしきれていないように思った。
アルバムとは逆に、はなちゃんのDrプレイはやはり凄く、なぜこの音をCDの残さなかったのか、悔やまれる。
アルバムと同様に、ギターのTOMO-ZOは、ライブでもしっかり弾けることを証明し、素晴らしいプレイでした。
アルバム以上に素晴らしかったのは、Keyのオレオ様で、時には頭を激しく振り、時にはジョンロードが乗り移ったかのような瓜二つに見える(実際見たことはないけど)パフォマンスで、あのプレイをし続けるのは、並大抵のことではない。メタピンを見て笑っていたサーベルファンにも、本当はこんなに素晴らしいんですよと、見せてあげたいくらいだ。あっ、メタピンのは違う人か(笑)!!
しかし、チョッパーさんとはなちゃんの信頼関係は、絶対的なものですね。ライブ中、何度も目を合わせ、アイコンタクトを取っているのが印象的でした。

このバンドには、Gacharic SpinとLIGHT BRINGERという本業のバンドがあり、今年はそちらがメインに活動されるらしい。前Blogに書いたようにこの経験を、それぞれのバンドに活かして欲しいし、今度DOLL$BOXXをやるときは、両方のバンドが調子がいい時にやって欲しいものだ。今回のアルバム、ライブ、共にいいんですけど、二つのバンドのファンである私には、「まだまだこんなもんじゃないだろう!?」と思うわけです。だからその時こそが、評価すべき作品やライブとなるのではないだろうかと、思うわけです。

それにしても、チョッパーさん、髪型はストレートの方がいいと思いますよ!!

<12/16セットリスト>
【オープニングムービー】
01.Loud Twin Stars
02.monopoly
03.ロールプレイング・ライフ
04.fragrance
05.Who's Crying Now (JOURNEYカバー)
06.おもちゃの兵隊
【ビデオメッセージ:LIGHT BRINGER & METALLIC SPIN】
07.Return To Myself (浜田麻里カバー)
08.LosT AngeL (Gacharic Spinカバー)
09.ハンティングサマー (Gacharic Spin、インストver)~ソロ・タイム
10.Run To The Hills (IRON MAIDENカバー)
11.Take My Chance
12.KARAKURI TOWN
13.Merrily High Go Round
ENCORE
14.Doll’s Box
15.ヌーディリズム($ヴァージョン)

セトリは、TwitterのフォロワーさんのBlogから、コピーさせていただきました。ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/05(土) 15:22:19|
  2. LIVE レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<44MAGNUM LIVE at 新宿LOFT | ホーム | DOLL$BOXX 「DOLLS APARTMENT」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://25102012.blog.fc2.com/tb.php/7-bce257aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。