Gen-Blog

自分が行ったライブ、買ったCDの感想を中心に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DOLL$BOXX 「DOLLS APARTMENT」

Gacharic Spinの現メンバー+LIGHT BRINGERのVo Fukiによる合体バンドDOLL$BOXX。Twitterのフォロワーさんなら知っての通り、私は、二つのバンドの大ファンということで、もう、今年を締めくくるにふさわしい、最大のプロジェクトバンドなんですよね。しかし、最初にこのバンド結成のニュースを聞いた時には、複雑な気分だったわけです。今のガチャピンは、新Voを探している最中なはずだし、らぶりーは、ちょうどメンバーの脱退が発表された時期でしたし、メジャーになってからの活動が、マイナー時より減少していたこともあり、「今、そんなことしている場合じゃないだろう」と、友達と飲んだ気がします(笑)。しかし、「元々好きなバンドの合体、要はいい音をやってくれれば文句はない」と、偉そうに思いながら、楽しむことにしました。

さて、そのDOLL$BOXXのデビューアルバム「DOLLS APARTMENT」。既に購入してから半月経ってしまいましたが、覚えやすいメロディが満載で、捨て曲がない。バラエティに富んでいる。このメンバーだから、当然クオリティは高いですね。ただ、ドラムの音が割れている曲が目立ち、音質には疑問です。10曲で43分程のアルバムで、私事ですが、ちょうど通勤時間で聴き終わるという点は、素晴らしい(笑)!!いや、真面目な話、長ければいいって訳ではなく、私は常に、アルバムは9~12曲、50分までくらいがベストだと思っています。

ガチャピンと比べると、デジタル音が無くなり、ベースとドラムが引っ込んだ分、ギターとキーボードが出ており、よりバンドとしての音になった印象。
元々、Bのチョッパーさんの派手なベースの音を聴いて、ガチャピンのファンになったので、その特徴あるベース音が引っ込んだのは、残念で仕方がない。
Drのはなちゃんにしても、ライブで見られる生々しい音が聞けず、先ほど書いたように、音が割れている曲が目立つ。これも残念だ。
それに対してGのTOMO-ZOは、ガチャピンではデジタル音に埋もれがちなギターの音が前に出ていて、やっと弾けるところをお披露目できたか、といった感じで好印象。
Keyのオレオ様も、今年3月にガチャピンに加入して以来、パフォーマンスは素晴らしいものの、キーボードの音がデジタル音にかき消されている感があって、どこまで弾けるのか未知数でしたが、このアルバムで弾けることを、しっかり証明してくれました。

らぶりーと比べると、ほとんどの曲を作っているのはガチャピンのメンバーなので、当然ラブリーらしさというメロディは、ほぼ皆無。Voのふっきーは、多くの人が思うであろう特徴である、突き抜けるようなハイトーンは活かされているものの、逆に、この特徴ばかりにとらわれて曲づくりをしたのかなと、思ってしまい、やや一本調子に感じられる点が残念である。私にとってのふっきーの魅力は、曲によって声の表情が変わるところというのがあり、今回はソコの部分が欠けていたように思う。

なお、このバンド、Voのふっきーはもちろん、Drのはなちゃん、Keyのオレオ様もVoが取れるという強みがあり、曲によっては、ツインボーカルや、掛け合いがあるのも、魅力ですね。さらに、はなちゃんはデスボイスも出せるし、それもアルバム中に随所で聴けます。チョッパーさんも、このアルバムでデスボイスに挑戦したとか。どれがチョッパーさんだか分からんけど(笑)。ところで、レオナ様は、Voとしてこのアルバムで歌っているのか、私にはちょっと分かりませんでしたね。

で、重要な曲の方ですが、
01. Loud Twin Stars:ふっきーとはなちゃんのツインボーカル。さらに、各メンバーの特徴も出ていて、DOLL$BOXXというバンドの魅力が詰まっている佳曲。ギターとキーボードのツインソロも素晴らしい。

02. Merrily High Go Round:ライブで間違いなく盛り上がれるアッパーチューン。ふっきーにこの手の曲を歌わせたら、右に出るものはいないでしょう。

03. Take My Chance:サビから始まる曲だが、サビメロが02.と似ている。すぐに分かってしまうので、なぜ2曲続けたのか、不明。ミドルテンポの曲で、はなちゃんのデスボイスが素晴らしい。

04. monopoly:ふっきーとはなちゃんのボーカルの掛け合いがあるが、曲としてはあまり印象に残らない。

05. ロールプレイング・ライフ:全曲の中で、ふっきーのVoが、一番LIGHT BRINGERらしさが出ている曲だと思う。アルバムで一番ドラマチックかもしれないが、メロディが弱いかな。

06. fragrance:バラード調の曲だが、ヘヴィーな演奏と共にはなちゃんのラップ調Voが絡む、印象に残る曲。

07. KARAKURI TOWN:アルバムの中では、最もHMを意識した曲なのかな?しかし、メロディが弱い。

08. おもちゃの兵隊:02.と同系の曲調のアッパーチューン。やはり、この手の曲をふっきーに歌わせたら、右に出るものはいないな。しかも、02.とは声の表情が違いますね。

09. Doll’s Box:バンド名を曲名にしたバラード。詞が素晴らしいが、曲が普通過ぎて、ちょっと残念。J-POPなら、いい曲なんだろうけど。一般受けは一番いいのかもしれませんね。普通にミュージックステーションに出ているのが、イメージできるますからね。

10. ヌーディリズム ($ヴァージョン):やはりこれは、ガチャピンバージョンの方がいい。どっちが歌上手いかという問題より、ガチャピンのメンバーが、2012年の始めに必死にもがいている状況が出ている曲だから、ふっきーには出せない声の表情なんですよね。しかし、ラストのサビでのふっきーの歌声こそが、ふっきーの真骨頂であり、それをもっと、聴きたかったな。

お気に入りの曲(これ、勝手に真似させていただきます。):01. Loud Twin Stars, 02. Merrily High Go Round, 06. fragrance, 08. おもちゃの兵隊

とまあ、簡単に書いてしまいましたが、読み返してみると、結構文句も多いですね(苦笑)。いや、でもこれは、思い入れがあるバンドの合体だからこそ、いろいろ注文もつけたくなるわけですよ。
ただ、このアルバム、購入してから毎日聴いているんですよね。言葉に書けない魅力があるのかもしれません。実際私は、たとえファンのバンドでも、聴かないアルバムが存在するので、ファンだからこのアルバムを褒めているわけではないんですよ。

前に、Twitterのフォロワーさんの一人が、「ArmmyがVoのガチャピンは、VAN HALENでいうデイヴィッド・リー・ロス時代のようなもの。今後、サミー・ヘイガーを入れるのか、そのままの路線で行くのか…」という話をされた時に、なんて上手い例えなんだろうと思いましたね。そして、バンド名こそ違うものの、これは“サミー・ヘイガー”が入った仮想ガチャピンとして想像できる作品ではないだろうか。つまりは、歌が上手い人と楽曲を重視して作られた作品だと、個人的には思います。まだ、メロディ作りが弱いというところは、今後の課題でしょうけど、まずはこの1stアルバム、いろいろ思うところはあったにも関わらず、聴く価値のあるアルバムであり、素直になって聴けてよかったなと、思います。

また、このDOLL$BOXXをやったことで、その経験を、Gacharic SpinとLIGHT BRINGERの各バンドで活かして欲しいですね。そして、今度は、両バンドが絶好調の時に、DOLL$BOXXをやって欲しいです。その時は、もう文句なしに喜んで聴きますよ!!

あっ、そうそう、そういえば、CD購入した日にライブがあって、そのライブに行ったので、後日、それも書きたいと思います。

ではでは、今年最後のブログでした。読んでいただいた方々、ありがとうございました。良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/31(月) 19:09:58|
  2. CD/DVD レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<DOLL$BOXX LIVE at 新宿BLAZE | ホーム | LED ZEPPELIN 「CELEBRATION DAY」>>

コメント

今年もよろしくお願いいたします。

年末に更新されていたとは…気付きませんでした(恥)

やはりばっちりVoがハマッてるのはMerrily High Go Round、 おもちゃの兵隊あたりですよね。
Gt,Keyというウワモノはかなり活躍してると思うんですが、リズム隊の凄さはあまり伝わってこない“音”ですね。いや実際BaもDrもかなりしっかりしてるんですけど、ライブで観るともっともっと凄いですから。特にDrはもっと生っぽい音で録ってほしかったです。
「メロディ作りの課題」の部分は、私は外部ライターをもっと取り入れてもよいと思ってます。

ライブレポもお待ちしております!(笑)
  1. 2013/01/04(金) 21:18:20 |
  2. URL |
  3. ヒゲ・スカイウォーカー #-
  4. [ 編集 ]

Re: こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

コメント、ありがとうございます。

やはりこのアルバム、ドラムの音の悪さが響いていますね。今日も通勤時間に聴きましたが、ちょっと聴いていて疲れます。
Voのらしさや、BやDrの特徴の出し方を次作では期待したいところです。
外部ライターについては、思い入れのないバンドであれば、何の抵抗もないのですが、できればバンドで書いて欲しいなという気持ちですね。と言っても、ガチャピンも外部の曲、少し(1曲だけかな)ありますからね。らしさが出ていれば、いいのかもしれません。

ライブレポ、時間が経ってしまったので、記憶をたどるのが大変です(苦笑)。
  1. 2013/01/05(土) 01:37:54 |
  2. URL |
  3. Gen #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://25102012.blog.fc2.com/tb.php/6-2505ea04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。