Gen-Blog

自分が行ったライブ、買ったCDの感想を中心に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東木瞳 / 中田朝子 LIVE at Graffiti

8月11日、予定通り、東木瞳さんのライブに、赤坂にあるGraffitiへ行ってきました。8月7日に行ったライブは、コンテスト形式という変則的なライブだったので、4日振りだけど3ヶ月振りのライブを、楽しみにしていた。またこの日は、8月4日に行った如月愛里さんのサポートKeyの島優典さんが、中田朝子さんという方のサポートをすると知ったので、こちらもちょっと楽しみにしていた。

赤坂見附で友人と待ち合わせ、ほぼ開場時間にGraffitiへ到着したのだが、既にたくさんの人が集まっており、センター後方の2つ空いている席になんとか座れた。さっそくビールを注文しに行くと、島さんがいたので、挨拶させてもらった。2回目ながら、先日会ったばかりなので、顔は覚えてもらっていたようだ。

この日は瞳さんの他に、坂本麗衣/椛島恵美//おるがんずかふぇ/中田朝子という方々が出演していた。どの出演者も素晴らしいライブで、ビールを飲みながら、十分に楽しませてくれた。

その中でも、島さんがサポートだからと気を使っているわけではなく、中田朝子さんのライブが印象に残ったので、何も予備知識も無かったのだが、変則的に少し書こうと思う。

トップバッターで登場した中田朝子さんは、一人で登場し、ピアノを弾きながらの歌を披露。ここで、「おっ、いいかも。」と思い、まずは好印象。

2曲目はサポートGの佐藤数馬さんを迎えて始まったのだが、この方が、異常に上手い。そして、アコースティックGなのにエフェクターを使って、場面場面で音を変えるし、時には早弾きもするし、スパニッシュのような、ギターのボディーを叩きながらの演奏もするしで、アコースティックという殻を破った演奏が良かった。この方は、日によっては、島さんとともに、如月愛里さんのサポートもやっているようで、それも見てみたいと思える、素晴らしい演奏だった。

3曲目で島さんもサポートKeyで登場。中田朝子さんは、アコギに持ち替え、3人体制での演奏になる。島さんの演奏は、本当に人柄が出る、優しい音色で、曲を際立たせる効果がある。

中田朝子さんの歌声は、少し低い感じの声で、私にとっては、好みの歌声だ。また、足元にはボーカル用のエフェクターがあり、ハモる部分やディレイ効果(ボーカルでもそういうのか分からないが)を出す時なんかに踏んでおり、工夫が見られた。こういうのをオケで流す方が多い中、あくまでも「生」でLIVEを伝えている姿勢が、好感が持てた。曲も、アコースティック系の中でも、バラエティに富んでいる感じがする。全部で5曲の演奏し、好印象を残したまま、LIVEが終わった。

さすがにセトリが分からないけど、この日やっていた曲の以前のライブ動画を貼っておこう。 ESCAPE(piano ver.)-feat.佐藤数馬 


2番手に登場した瞳さんとKeyのnaoさん。“フタリ”の伴奏が始まる中「こんばんは。東木瞳です。」と挨拶してから歌い始める。手拍子が起こる、オープニングにぴったりのキャッチーな曲だ。やはりこの日も、もはやおなじみの言葉である「最高レベルでの安定感」が炸裂で、瞳さんもnaoさんも、素晴らしい歌声と演奏を聴かせてくれる。7日のライブの記事で書き忘れていたが、以前より手振りが多く大きくなっている。そして、歌声の表情が非常に明るく、今の瞳さんの充実ぶりが分かる。

個人的にはBメロが大好きな“7月1日、晴れ。”、久しぶりの“Butterfly”“Ring”が披露された。特に“Butterfly”は聴いたの2回くらいじゃないかな?ほぼ新曲感覚で聴き入ってしまった。またこの日のMCが、面白すぎて笑わせてくれた。この二人のMCは、ライブ会場で日常会話でもしているのかという感じなのだが、naoさんがその都度入れる一言が面白い。この二人の相性の良さが、よく分かる。場内の雰囲気も、明るくなった感じだ。

視聴音源(残念ながら今は聴けない)で聴いていた、個人的には初めての“どうしようもなくxxx”は、今までに無いタイプの曲だが、それでも東木節がしっかり入っているところは、さすがだわ。

最後は「naoちゃんがたくさん歌う曲」と言って紹介された“明日空が晴れたら”で、手拍子が起こるキャッチーな曲で締めくくった。ラストのnaoさんの「らーらららー、ララララー」と歌うところで、笑顔でnaoさんの方を指差す瞳さん。「へぇー、こんなことするようになったんだなぁ。」と、微笑ましくなった。

この日のライブは、まっさらな新曲はなかったが、私が行けなかったライブの3ヶ月間で、さらなる進化をしていることが、改めて実感出来た。もう、瞳さんとnaoさんの二人に関しては、褒め尽くしてしまった感があるが、いつも期待を上回るライブをしてくれることに、本当に感謝している。一緒に来てくれた友人も、気に入ってくれていたので、ホッとしました。

*自分の記憶のセトリ
1. フタリ
2. 7月1日、晴れ。
3. Butterfly
4. Ring
5. どうしようもなくxxx
6. 明日空が晴れたら

https://soundcloud.com/#hitomitouboku 今回やった曲が聴けるところがないので、視聴音源サイトを貼っておこう。

ライブ終了後に、友人を瞳さんに紹介も兼ねて挨拶へ。「メタラーさんですか(笑)?」って、どうやら私関係の友人は、メタラーだと思っているようだ(笑)?むしろ、メタラーの友人なんてほとんどいないのだが。私は、前に誘った友人に頼まれていたCDを購入した。

全体のライブが終わってから、トップバッターを飾った中田朝子さんのCDを買おうか迷っていたが、とりあえず試しに1枚、最新のCDを買てみることにした。いつもなら、悩みながらも帰ってしまうんですけどね。島さんに声を掛けてから買ったので、少し会話を楽しむことが出来た。これは毎度のことだが、休みが合えば、また見に行きたいと思う。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/12(月) 17:00:44|
  2. LIVE レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東木瞳 LIVE at navi cafe | ホーム | 東木瞳 LIVE at Barbara>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://25102012.blog.fc2.com/tb.php/37-2579dc40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。