Gen-Blog

自分が行ったライブ、買ったCDの感想を中心に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Cyntia LIVE at 下北沢GARDEN

7月16日、Cyntiaが出演したイベントライブ「LOVE! LIFE! LIVE! ~ライブ新体験!新しい音楽シーンをココから発信!~」に、下北沢のGARDENへ行って来ました。東放学園音響専門学校が主催する無料ライブで、そのほかにWHERE'S ANDY、HAPPY BIRTHDAYというバンド、ユニットが出演していた。

この日の休みが決まったのは約1週間前で、定員350名だから、もう締め切っているんだろうと思っていたが、一応申し込んでみるかとやってみたら、整理番号270番台だった。O-WESTを満員にしても、まだまだ厳しいんだなぁ。

このライブが始まるまではてっきり、東放学園音響専門学校の在校生によるバンドが出て、Cyntiaはゲスト扱いなのかと思っていた。

当日、会場に入ると、中は広い。あとで分かったのだが、LIGHT BRINGERのワンマンをやった会場なんですね。350名以上入る会場ではないだろうか。人の入りは、余裕がありながら全体的に入っている感じだ。そして、女性客が多い。きっと、出演するバンド友達なんだろうと、思っていた。

主催の東放学園音響専門学校の方が挨拶をすると、すぐに1バンド目のWHERE'S ANDYが登場。Vo&G、B、Drの3ピースガールズバンドだ。演奏が始めると、これがライブ慣れしていて、上手い。ここでやっと、学生のイベントじゃないんだと分かった(苦笑)。失礼ながら歌声こそ好みではなかったが、パフォーマンスは良く、勢いもある。こういうバンドがオープニングを務めると、ありがたいですね。このバンドの場合、そのVoがバンドの特徴でもあるだろうから、このまま頑張って欲しいな。Gは上手かったと思うし。最初は冷たかった反応だが、最後には大いに楽しませてくれた。

2番目のHAPPY BIRTHDAYが登場すると、私の周りにいた女性客が盛り上がり始めた。ここにいた女性客のほとんどは、このユニットが目的だったのだ。Vo&G、Drという女性ポップユニットで、他はオケを流しているのだろう。申し訳ないが、音楽的には私の好みとはカスリもしないのだが、Drの娘は上手かったなぁ。多くのオカズ的フレーズを叩いていて、そのたんびに変顔をするもんだから、Drばっか見てました(笑)。その変顔するたんびに、周りの女性客は「カワイイ!!」とか「ヤバくない!?」とか騒いでいた。

HAPPY BIRTHDAYが終わると、ファンの女性客は後ろへ下がり、Cyntiaを目的に来たおっさん達が前に集まるという、異様な光景。やっぱりこうなっちゃうのね(苦笑)。ある意味、Cyntiaには厳しい状況だ。私も遠慮無く、3列目に並んだのだが、こんな近くで見ちゃっていいんだろうか(笑)?

過去2回見たライブは、2回ともワンマンだったので、対バンがあるときに、どんなパフォーマンスをしてくれるのか、楽しみにしていた。

場内が暗転すると、熱いファンたちの「Cyntia!!Cyntia!!」のコール。そして、SEが流れる中、アルバム「Lady Made」の衣装でメンバーが登場。そのアルバムのオープニングナンバー“深愛エゴイズム”からスタートした。演奏は安定していているし、SAKIのVoもやっぱり上手い!!もはや、安心して見ていられる、聴いていられるレベルだ!!

しかし今回、それが逆に弱点なのかなと感じた。実は、私のTwitter上で、対バンでCyntiaを見たという人のツイートで、絶賛されているのをあまり見かけなくて、どうしてなのかなと思っていたのだが、今回分かったような気がする。今回のライブで感じたのは、良くも悪くも、ワンマンの時の縮小版のように感じた。ワンマンでは基本、みんながCyntiaを見に来るわけで、盛り上がるのは当然として、しっかり演奏して、歌も上手ければ納得いくし、それこそCyntiaは、色々工夫をしていていいバンドだなぁと、思っていた。しかし、対バンでは、他バンド目的のファンもどう盛り上げるか、そこが欠けていたかなぁと、思う。

Cyntiaはもっと、殻を破っていった方がいいんじゃないかなぁ。メジャーデビューして、色々制約があるだろうが、型にハマり過ぎているような気がする。あと、もっと音楽勝負でいいと思う。もうすぐ発売されるシングルがカバー曲というのも、どうなの?と思うし、そもそも、ビキニトップが特典なんていらないし。ワンマンのMCで見れた彼女たちの人柄に合った売り方を考えて欲しいですね。もっとも、彼女たちが望んでやっている事なら、別に文句はないんだが…。

私は、Cyntiaのファンというわけではないけど、安定した演奏力と歌唱力を持っているからこそ、期待はしている。だから、批判ではなく、一つの意見だと思って欲しい。

「えっ、お前、SAKIのファンでしょ?」って思っているあなた(笑)。あくまでも音楽ありきですから。そこらへんは勘違いしないように!!

「次の曲が最後です。」みたいな言葉がなかったので、あっけなく終わってしまった印象。意外と、このセリフ、大事ですね。

まだまだこれからのバンドだから、もっと多くの対バンを経験して、自分たちのパフォーマンスはこうだ!!これがCyntiaだ!!という、確固たるものを身につけて欲しいですね。そして、持ち味である安定感を凄み変貌させて、驚かせて欲しい。楽しみにしていますよ!!

01. 深愛エゴイズム
02. Metor Calling
03. Chilly Nights
04. キラキラ☆シャングリラ
05. Lady Made

スポンサーサイト
  1. 2013/07/29(月) 11:16:54|
  2. LIVE レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<麻乃-asano- LIVE at 和海 | ホーム | LIGHT BRINGER LIVE at SHIBUYA WWW>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://25102012.blog.fc2.com/tb.php/32-5766e5e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。