Gen-Blog

自分が行ったライブ、買ったCDの感想を中心に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HEAD PHONES PRESIDENT LIVE at SHIBUYA club asia

この日2件目のライブは、Pre-GrindHouse jamboree Vol 0 というイベントに、HEAD PHONES PRESIDENT(以下HPP)を見に行きました。場所は、渋谷のclub asia。初めての場所だ。移動中、HPPの出番はまだか、Twitterで確認していると、どうやらHPPはトリで、これからその前のGARIが始まるという。

会場に着き中へ入ると、思っていたより中は広く、ステージも高い。既にGARIは始まっており、盛り上がっていた。斜め前方に外国人の女性が一人でいる。「へぇ、外国人も来ているのか」と思いながら、GARIを見ていたが、このバンド、決して趣味ではないのだが、へヴィロックとミクスチャーを合わせたような音で、メロディはキャッチーで、失礼ながら思いのほか楽しむことができた。

そして、いよいよHPPの出番だ。前の方へ移動し始めると、先ほどの外国人も前の方へ。「へぇ、HPPを見に来たのか」と思いながらも、自分の定位置へ。2列目のVoややG寄りをキープできた。そこで、フォロワーさんやHPPのライブで顔見知りになった方々と会うことができ、挨拶。

会場が暗転するとSEで“Purge”が流れ、メンバーが登場。そして“Stand In The World”が始まった。今のHPPは、オープニングはこの曲がしか考えられないし、またそれにふさわしい曲である。そして、毎度のことながら、今日のAnzaも美しい。いや、いつもより笑顔が見られ、この日のイベントを楽しんでいるようだ。そして、ステージ上の扇風機がAnzaの長い髪をなびかせて、なんとも絵になる。
そして、アルバム通り“My Name Is”へと繋がる。

MCでAnzaが「昔の私たちを知っている人は驚いたかもしれませんが、話すようになりました(笑)!!でも、最後はしっかり落とします!!」と話す。そう、昔のHPPのライブは、一切MCはなかった。曲と曲の間は演奏で繋ぎ、一つのライブがまるで、一つのストーリーだった。そして、観客は静かにその時のHPPの世界観に、どっぷりと浸かっていたのだ。いや、固っていた。
どちらの方がいいという話ではない。この日までの変化も、自然の流れなのだ。それはAnza自身がよく分かっている。彼女は驚くほど、HPPを客観的に見れているのだ。

いつもに増して観客を盛り上げながらも、HPPの世界観というのは崩すことはない。相変わらずの表現力と演奏力だ。私たちも、ヘドバンの嵐と拳を挙げてそれに応える。

“Rise And Shine”が終わるとAnzaはバタンとしゃがみ、目つきが変わった。スイッチが入ったのだ。私もその瞬間に固まった。個人的には、今のHPPの真骨頂が最も味わえる曲“Where Are You”だ。静と激が同居するこの曲では、Anzaの魂を削るかのような表現力と歌唱力で、まさに落としてくれたのだ。圧巻の一言だ。

アンコールで再び登場し、さすがにアンコールで落とすことはなく(笑)、しっかり盛り上げてくれた。最後は、イベントの出演者たちが出てきて、観客に混じって、一緒に記念撮影。楽しく終わった。

SE Purge
01 Stand In The World PVはこちら
02 My Name Is
03 Just A Human
04 Rainy Stars
05 Labyrinth
06 Rise And Shine
07 Where Are You
EN In Scrying

結局、この日のライブも“Labyrinth”以外は、全て現時点での最新作「STAND IN THE WORLD」からの選曲だった。これが今のHPPだという自信の表れなのだろう。そのアルバムが素晴らしい作品なのだから、もちろん最高のライブだった。つい先日、オープニングアクトながらオズフェストへの参加が発表されたが、その日にオズフェストへ行かれる方は、ぜひその「STAND IN THE WORLD」を聴いて、当日を楽しんでほしいと思う。もし、その気が起きないとしても、ライブを見るだけでもいい。HPPの世界観を、ぜひ生で味わって欲しい。

終演後、バーに移って飲んでいると、ファンの知り合いの方と先ほどの外国人女性が話している。どこの方なのか聞いてみると、なんとフランスから来たという。私はフランス語を一応話せるので、話してみると、数年前のフランスで行われたジャパンエキスポで、HPPのライブを見て以来のファンだという。だが、HR/HMは聴かないようだ。昨年の大阪のHPPライブにも来ていたようで、「大阪で会ったHPPのファンの人たちと、ここでまた会うなんて、信じられないわ。いいチームね!!」と言っていた。「君は、昨年の大阪にはいなかったわよね?」と突っ込まれたが(苦笑)。
Anzaが来ると、どうやら私のことを分かっているのか、「通訳して」なんて頼まれたが、二人で英語で楽しそうに話している。

外は、この日の雨のピークだったのだろうか?かなりの大雨だ。HPPのメンバーとも挨拶し、Anzaは「電車が止まらないうちに、早く帰って!!」と、もう、さっきまでステージの上にいた人と同じ人とは思えないくらい、なんて人間味のある人なんだろう!!「お願いだから、怪我だけはしないで、気を付けて帰ってね!!」と、最後まで私たちを気遣ってくれていたのが印象的だった。


スポンサーサイト
  1. 2013/04/16(火) 13:17:29|
  2. LIVE レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<44MAGNUM LIVE at 鹿鳴館 | ホーム | Gacharic Spin LIVE at MI JAPAN TOKYO>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://25102012.blog.fc2.com/tb.php/21-b8f206ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。