Gen-Blog

自分が行ったライブ、買ったCDの感想を中心に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Cyntia LIVE at O-WEST

4月5日、Cyntiaのライブ“1st Anniversary「Re:Alive」”に行ってきました。場所は、渋谷のO-WEST。Cyntiaのライブは、昨年11月以来、2回目だ。

実は、今回のライブ、全く行く予定ではなかった。というのは、3月に発売されたCyntiaのメジャーデビューアルバムとなった2ndが、個人的には、“まあまあ”なアルバムだったからだ。1stアルバムと比べると、バンドの成長も見られるし、特にVoのSAKIの成長は素晴らしく思った。また、詞に関しては、一部共作があるものの、全曲SAKIが手がけている、力作と言えよう。しかし、良くも悪くもメジャーになったそのアルバムは、Cyntiaの特徴でもある非常に分かりやすいメロディだが、疾走感が足りず、私にとっては、“まあまあ”なアルバムになってしまった。決して悪いわけではないのだが…。
しかし、4月5日が近づくに連れて、気になって仕方がない。ワンマンでO-WESTながら、3000円という価格、気になるんなら行ってしまえと、前日の夜8時にチケットを買いに行った。チッ!!またSAKIに釣られてしまったか(笑)!!

会場に着くと、既にたくさんの人だ。少し経ってから、Twitterのフォロワーさんとも出会い、挨拶。O-WESTなら、まずは売り切れることはないだろうとタカをくくっていたが、とんでもない。当日券は若干発売されたようだが、会場に入ると超満員だ。もう、空いているところに行くしかないので、後方のセンターややベース寄りをキープ。

前の方のファンは、早くも「Cyntia!Cyntia!」コールが起こり、既に会場は熱い。時間を10分過ぎたくらいだろうか、SEでMOTLEY CRUEの“LIVE WIRE KICK START MY HEART”の前奏部分を繰り返しに編集されたものが流れる中、ステージの上のスクリーンに、画像や映像が映し出され、ワンフレーズごとに文字が出されたりと、これが非常に効果的だった。前回のライブでもそうだったが、このバンドは、ライブでの工夫を凄く考えている。それが終わると、SEが変わり、メンバーの登場!!勿体付けさせながら、それ以上引っ張らない、絶妙なタイミングだ。そして、凄い歓声と熱気!!

“深愛エゴイズム”が始まれば、当然のように「Hey!Hey!」と腕を挙げ、SAKIも煽る。自分の場所柄、ベース音がちょっとデカイが、音はいい。

SAKIが歌い始めたその瞬間、「上手くなってる!!」が素直な感想だ!!しかも、その歌声は、終盤になっても全くブレがなく、安定している。そして、見事な肺活量で、声に伸びとパワーがある。もはや、カワイイだけのボーカルではない(笑)。いや、本当に!!
ライブ後にフォロワーさんとも話していたのだが、安定感という意味では、LIGHT BRINGERのFukiよりも上じゃないかと。そして、声も自分好みだ。ただ、本当にちょっとだけ何かが足りない。Fukiが“凄い”に対して、SAKIは“上手い”なんですね。そのちょっとの差が、きっと高い壁なんだろうけど、ぜひ乗り越えて、“凄い”に進化して欲しいところだ。
パフォーマンスにしても、昨年11月で見られたアイドルチックな感じは、かなり改善され、ところどころではヘドバンをしていた。もっとしていいぞ!!煽り方も非常にツボを押さえていて、この5ヶ月で、素晴らしい成長振りだ!!全く飾らないゆるいMCも、逆に好印象。

そしてGのYUIも、素晴らしかった。CDや前回のライブでもそう感じたが、彼女のギターの音は、チョーキングやビブラートがとても魅力的な、自分好みの音なのだ。前回のライブ時は、楽しそうに弾いているのが印象的だったが、今回は感情もこもっていて、顔で弾いていた。まだまだ伸びしろがありそうだし、期待が持てる。

KeyのAYANOも相変わらず、CD以上の実力を感じた。DrのKANOKOは、バスドラが印象的でパワー溢れるドラミングだった。BのAZUは、割と攻撃的な音で、全体の音を際立たせていた印象だった。

下のセトリを見ても分かる通り、非常に曲数が少ない。時間にして、1時間40分程だっただろうか。MCは、少し長めに話していたかもしれないが、退屈さは無かった。せっかくのワンマンなのだから、単に時間と曲数を増やして欲しいところだ。2枚アルバムを出したのだから、やる曲にはもう、困らないはずだ。

そして、個人的に非常に残念だったのは、個人的超名曲“The Endless World”を、何故かやらなかったことだ。この曲は、昨年入れたiPodの曲の中では、再生回数が3位になる程好きな曲で、YUIのチョーキングとビブラートが魅力的だし、成長した今のSAKIの声で聴きたかった。

あとは、好みの問題になってしまうが、やはり疾走感溢れる曲が、もっと欲しいところだ。タオル回しの曲、サイリウムを振る曲がさらに1曲ずつ増えたが、個人的には、頭を振り、拳を上げる方がいいかな。まあ、これもCyntiaなりの工夫なのだろう。

最後のアンコールで、演奏する前にメンバーが一人ずつ、感謝の気持ちを述べていたが、彼女達の人柄が分かるとてもいいものだった。そして、思わず応援したくなるような気持ちにさせられる。それは、凄く努力してきただろうし、実際に成長をものすごく感じたことが大きい。

いろいろ注文をつけたが、今後も期待が持てる、素晴らしいライだったと言える。この日のお客さんの入り具合からして、次回のライブは、また一回り大きい会場になることは予想できる。今回、まだこの大きさの箱でのライブを見れて、本当に、思い切って行って良かったと断言できる!!

01. 深愛エゴイズム PV ショートVer 
02. 黎明
03. I Will
04. Meteor Calling
05. Fly away
06. Raison D'etre
07. 睡蓮と蝶
08. Jewel Stars
09. Though the Fire and the Desire PV 
EN.1
10. wish
11. Lady Made
EN.2
12. Run to the Future PV 

恥ずかしいけど、締めはやっぱりこの言葉で。それにしても、SAKIはかわいいね(爆)!!あっ、だから勘違いされるのか(苦笑)!?

ついでに“The Endless World”PV


スポンサーサイト
  1. 2013/04/06(土) 13:54:36|
  2. LIVE レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Gacharic Spin LIVE at MI JAPAN TOKYO | ホーム | MAHATMA LIVE at Ster Lounge>>

コメント

Motleyはkick start my heartでしたね♪
  1. 2013/04/06(土) 14:03:27 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

指摘、ありがとうございます。訂正しておきます。
  1. 2013/04/06(土) 14:05:55 |
  2. URL |
  3. Gen #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://25102012.blog.fc2.com/tb.php/19-6c0b5242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。