Gen-Blog

自分が行ったライブ、買ったCDの感想を中心に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MAHATMA LIVE at Ster Lounge

4月3日、群馬のバンドMAHATMAを見に、SWEET BOMBというイベントへ行ってきました。場所は渋谷にあるSTAR LOUNGE。この会場は、個人的には2年4ヶ月振り2回目である。その1回目の時は、LIGHT BRINGER主催のライブで、TEARS OF TRAGEDYを知った場所であり、、初めて自分から人に声を掛けてみたり、Twitterをやってみようかなと思ったり、意外と思い出深い会場だったりする。あの日がなかったら、今のようにライブ仲間もいなかっただろうし、今こうしてブログを書いていなかったかもしれない。

会場に着くと、フォロワーさん達もちょうど到着。挨拶し、開場時間になると中へ。「あれ?こんなに広かったっけ?ステージ、こんなに高かったっけ?」と、久しぶりの会場との再会である。

この日のイベントは、MUTANT MONSTER、浜田マロン、MAHATMA、Arisa Safu、ミチルロンド、DUALSYOCK(NEA)、というメンツで、目的のMAHATMA以外は初めて見るアーティストだ。いやぁ、これが実にバラエティに富んでいて、共通点は女性ボーカルということだけ。普段は見ないであろうジャンルも見れて、なかなか楽しかった。しかし、このイベントを通して観客が少ない!!50人いただろうか?

MAHATMAの出番近くになると、最前列の真ん中一歩右をキープできた。最前列は皆、MAHATMAファンだ。個人的には、昨年の栃木県小山でのフリーライブ以来、2回目のライブだ。なかなか休みも合わず、また東京でのライブも少ないので、やっと念願が叶ったという感じだ。

カーテンが閉められた向こう側では、バンドがセッティングをしており、サウンドチェクをしているが、早くもギターの悶絶プレイ!!期待が高まる。

SEでメンバーが登場すると、1曲目はサビが「安倍総理」と聞こえると(笑)、私のTwitterのTL上で話題の“Departure”だ!!もはや、「A brave Story!A brave Story!」ではなく「安倍総理!安倍総理!」の大合唱とともに腕を上げる(爆)!!

と、ふざけて書いているが、腕を挙げて盛り上がろうとしても、拍手でノっていても、またはヘドバンをしていても、知らない間にずれてしまう程、このバンドのリズムは複雑で、自分が張り切っていると、恥ずかしい目に合うのは必死だ!!最も、私がリズム音痴だということもあるのだが、MAHATMAサウンドを経験すると、さらにそれを痛感してしまう(苦笑)。

そして普段なら、なんちゃってギタリストな私、GのTsubasaに目が行くのはもちろんだが、DrのHidekiのプレイもハンパない!!この二人のプレイは、もうド変態(もちろん褒め言葉!!)レベルだ。ノっていたはずの体が、知らない間に止まってジッと見入ってしまうこともしばしば。とにかく「なんじゃこりゃ!?」な世界である。

それを包み込むかのようなプレイしているのが印象的なKeyのReikoだが、この複雑なリズムの中、にこやかに軽やかに弾くのだから、これまた凄い話だ。そして、1音1音、ものすごく音を大事にしているのが、こちらも感じ取れる。

今年に入ってからのサポート(でしたよね?間違っていたらごめんなさい。)のBの右京は、なんと16歳という、しかもベース歴まだ2年だと聞いたが、さすがに堅実なプレイに徹していたという印象を受けた。そりゃあ、もう必死だと思います。でも、しっかりそれに対応しているのだから、やはり凄いですね。

そして、その悶絶プレイヤーの中で歌っているVoのNaNaの存在というのは、私にとってかなり大きい。この手のバンドの場合、私は複雑過ぎて逆に飽きてしまうことも多いのだが、彼女が歌うことによって、非常に分かりやすく、キャッチーにしてくれる。もちろん、この中で歌えるのだから、きっと凄いリズム感の持ち主なのだと思う。

このバンド、全てのメンバーに言えることなのだが、こんなテクニックを持ちながら、不思議とそれを感じさせないのが、また凄いところなのだが、それは、あくまでも曲ありきということなのだろう。決してテクニックをさらけ出しているのではない。

2番目にやったのは、未発表の曲だったのだが、音が複雑で、一瞬、知っている曲なのに自分がついて行っていないのかと思った。

途中MCで、VoのNaNaが「MAHATMAってどんなバンドなの?って聞かれるけど、答えられません」というようなことを言っていたが、それは正直な答えだろう。私も一言では言えないくらい、いろいろな要素が詰まっている。HR/HM、プログレ、ジャズ、フュージョン、POP…、それぞれの音が散りばめられている。どれかが偏っているわけでもない。玄人好みの音だと言える。

5曲、約30分という短いものだったのだが、十分に楽しんだし、逆にもっと聴きたくて不満たっぷりである(笑)!!最低でも45分くらいのライブを、実現してほしいところだ。

1. Departure
2. 生きとし生けるもの
3. ヒカリとカゲリ
4. Passion Passion - MAHATMA 10th Anniversary Ver!!
5. DREAM

MAHATMA ライブ ダイジェスト(2012.09.29 前橋DYVER) ←サポートBは、LIGHT BRINGERのHibiki!!

ライブレポというより、バンド紹介になってしまった感があるが、これを読んで頂いた方は、ぜひ試聴して、自分の目、耳で確認して欲しい。気に入ったら、ぜひライブを体験してほしい。50人いるかどうかの観客の前でやるようなレベルのバンドではないし、それはもったいない話である。

次回のライブは5月19日(日)、私が初めてMAHATMAを見た小山でのフリーライブのようだ。いくら無料だからといっても、都内からだと交通費も時間もかかるのは分かるが、絶対に行ってよかったと思うはずだ!!

スポンサーサイト
  1. 2013/04/04(木) 11:33:14|
  2. LIVE レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Cyntia LIVE at O-WEST | ホーム | PASTOMO LIVE at HOTコロッケ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://25102012.blog.fc2.com/tb.php/18-0e284de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。