Gen-Blog

自分が行ったライブ、買ったCDの感想を中心に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東木瞳 LIVE at GRAFFITI

3月30日、Bloom! Bloom! Bloom! 2013というイベントに、東木ヒトミ改め東木瞳さんのライブを見に行きました。例の如く、アコースティックライブだ。場所は、赤坂にあるGRAFFITIという初めて行くところ。この手のライブは、いつも狭い箱でやるイメージがあるのだが、会場に入ると意外と広く、椅子に座ってもキツイ感じは無い。ステージもなかなか広く、少し段差があり、ライブを楽しむバーなんですね。

私にとっては、今年に入って早くも3回目、1ヶ月ちょっと振りの瞳さんのライブだ。

この日の昼過ぎに、学生時代の友人から連絡があり、誘ってみたら仕事次第ということだったが、1番目のアーティストが始まる直前に到着。

この日は瞳さんの他に、結花、飯田舞、伊藤さくら、というアーティストが出演していた。この日も、今まで見たことのないアーティストが出演で、申し訳ないことにメタラーである私には知らない方々なのだが、この日のイベントは、意外性はなかったものの、皆さん安定感があり、いつものようにビールを片手に楽しんだ。

瞳さんの出番は2番手だった。サポートKeyは、いつものようにnaoさん。

時間になるとステージに登場。「こんばんは。東木瞳です。」と挨拶してから、新曲からと曲紹介されてライブが始まった。おいおい、いきなり新曲ですか!?なるほど、オープニングにはピッタリのアップテンポのキャッチーな曲だ。新曲でも東木節が光るメロディライン、そしてnaoさんのピアノが活きている。

この日のnaoさんのプレイは、いつもに増して素晴らしく目を引いたのは、私だけだろうか!?常にいろんな方のサポートや、自身のユニットでプレイしているだけのことはあるなと、そのユニットへの興味も出てきた。

主役である瞳さんも、もちろん素晴らしく、この日も“最高レベルでの安定感”が炸裂だ!!前回のライブの時に言っていた、「花粉症の影響で春には歌が下手になる」という言葉は、微塵も感じられなかった。下手になった瞳さんの歌が聞けるかなと、ちょっと期待していたが(笑)、とんでもない!!本人じゃないから分からないが、逆に調子が良かった方なんじゃないか!?

この日のMCの二人の会話がまた、いつもに増して面白く、いい意味で終始笑いが絶えなかった。

で、肝心なライブの方だが、この日は、先ほどの新曲、音源になっているが個人的には初めてライブで聴く曲、久しぶりに聴く曲、定番の曲と、今回も新鮮味を感じるセトリだった。もう、瞳さんの場合、音源が少ないにも関わらず、持ち歌が多いので、これだけライブを見に行っても、飽きが全く来ない。割と精力的にライブをしているから、その度にセトリを少しずつ変えているんだろうけど、1ヶ月くらい開いてライブに行くとガラリと違う選曲になっていますね。

定番ながら、個人的超名曲でもあり、代表曲であろう“サクラ、さよなら、恋をした。”を、この季節に聴けたのは嬉しかったですね。もうこの曲では毎回のことながら、今回も鳥肌が立ってしまった。

1.明日空が晴れたら
2.夢見月
3.サクラ、さよなら、恋をした。 試聴はこちらから
4.会いたい人
5.優しい雨 試聴はこちら
6.Ring
7.春風

ライブが終わると、50枚限定だったCDが少し再販するとのことで、速攻物販へ。一緒に来た友人を紹介すると「お友達もメタラーさんですか!?」「いやいや、全然メタラーじゃないです(笑)!!」と、普通の会話だが、そんな話がアーティストとできるのが嬉しい。どうやらその友人も、凄く気に入った様子でCDを購入していた。私も限定CDを無事に買うことができたが、「何枚、持ってきてるんですか?」と聞いたら「うーん、10枚くらいですかね?」と。たぶん、一定期間の間は、ライブごとに持ってくるんじゃないかとは思いますが、そりゃ少ないでしょ!!列が長くなってきたので、早々に立ち去ったが、他のアーティストを目的で来た人もいたのだろうか?だとしたら、嬉しいことですね。

友人は「凄ぇな、普通に喋ってんじゃん!!」と言っていたが、普段ライブに来ない人からすれば、そう見えるんですよね。もちろん、こうして話ができるということは、嬉しくもあり、感謝しているが、最近ではイベント等も含めて、いろいろなアーティストと話す機会もあり、麻痺しているこの感覚を改めて、大切にしないといけないなと、感じた。
その反面、自分の職業柄、お客さんからの生の声というものは、とても嬉しいことだと実感しているので、伝えられるアーティストに関しては、やはり生の声で伝えていきたいなと。

友人がいれば、例の如く近くの居酒屋で飲み、終電を逃し、途中から歩いて帰ったのであった(苦笑)。いい加減、学べよ(笑)!!
スポンサーサイト
  1. 2013/04/02(火) 21:46:51|
  2. LIVE レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PASTOMO LIVE at HOTコロッケ | ホーム | THOUSAND EYES 「BLOODY EMPIRE」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://25102012.blog.fc2.com/tb.php/16-17b92f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。