Gen-Blog

自分が行ったライブ、買ったCDの感想を中心に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

dummy LIVE at 下北沢ReG

少し日にちが経ってしまいましたが、6月11日、dummyのライブに下北沢ReGへ行って来ました。前回のライブから約1ヶ月で、早くも2回目のライブを見れるとは、嬉しい限りだ。前回のライブのブログ記事で紹介した通り、東木瞳さんのサポートキーボードをしているnaoさんのユニットで、パーカッション&Drのasukaさんとの二人によるインスト ユニットだ。

会場に着き会場に入ると、開演前だというのに、大きな音で音楽が流れている。ちょっと、耳に辛い感じだ。この日は「the brilliant freaks vol.1」というイベントだったのだが、様々なスタイルのバンドが出演していた。ただ、既に大きな音で音楽が流れているのだから、当然ライブではさらに爆音となり、音がごちゃごちゃしていた感じは、否めない。観客の入りは、平日ということもあり、徐々に埋まってきたという感じだった。

dummyは3番目に登場。登場前の転換時に、どうせならnaoさんの目の前で見て、プレイを堪能しようと、柵の前へ移動。それまでの2バンドの演奏からして、完全にアウェイ感を感じていたが、ここでフォロワーさんが来たので、ちょっと安心(笑)。

スクリーンが上がり、二人が登場。こう言ってはなんだが、この日見たどのアーティストよりも、アーティスト感があった。しっかり、dummyの音楽性と合わせている衣装で、モダンなエスニック風というのか?音楽性も、自分のイメージでは、モダンな中近東の民族風といった感じなので、衣装も音楽も栄えている。

今現在、ニコニコ動画で2曲のライブ映像が見れるが、音源がない上に、音を聴いたのが2回目なので、正直どの曲がどういう曲という説明が難しい。

前回同様、naoさんの足元には様々なエフェクターがあり、また、vocoderを使っての音色を変えたりと、色々な音色を出していて忙しそうだ。しかし、パフォーマンスも見事で、dummyの世界観をしっかり演出しており、こちらもどっぷりその世界観に浸ることが出来た。

asukaさんのパーカッション&ドラムの音も、前回同様、シンプルながら力強く、抜けていく感じが心地いい。さすが前回話した時に、Zeppelinのボンゾが好きだと言っただけのことはある。

今回のライブでは、MCで、naoさんが話すときは声をエフェクターで変えていた。naoさんは話すと、カワイイ声をしているし、naoさん自身も「アニメ声だから、変えてみた」と言っていたが、これがまた、dummyの世界観によく合っていて、工夫を感じられた。

MCを挟んでの3曲目だっただろうか?naoさんの「ひゃっ!!」と叫んで、化けた(笑)!!これが、合図なんですね。この時はノリノリで踊りだす。本当は、前回言われたから、ここで頭振ろうと思っていたのだが(笑)、なんかdummyの世界観に浸っていたかったんですよね。

4曲目だったかな?スタッフの人たちが慌ただしく動き出す。どうやら、なにか接触がおかしいようだが、演奏はそのまま続き、その曲は終了した。音が出なくなったとのことだったが、こちらにはそれを感じさせなかった。きっと、何かの音が鳴らず、すぐに他の音へ変更したのだろう。

終演後、asukaさんとは残念ながら話は出来なかったが、naoさんと挨拶と感想を兼ねて、少し話が出来た。実は、私がインストものは苦手だということも言ったのだが、そんな私でも、この音はハマリ、またライブを見たいと思わせてくれる。前回は、カッコよかったという感想だったが、今回はさらに、見入ってしまった、聴き入ってしまったというのが、素直な感想だ。

これを書いている時点で明日なのだが、明日のライブは、アコースティック・ライブとのこと。アコースティックものが大好き私にとっては、ぜひ見ておきたいライブだったが、明日休みだったのが急遽仕事になってしまって、本当に残念で仕方がない。アコースティックという状況で、どうdummyの世界観を表現するのか?気になるところだ。

ニコニコ動画に上げられたライブ映像。カバー曲らしい。この日のライブでも、やっていたと思う。
Rise/攻殻機動隊
CHRONO CROSS ~時の傷痕~
スポンサーサイト
  1. 2013/06/24(月) 23:23:59|
  2. LIVE レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

nora LIVE at Miiya Cafe

5月29日、noraさんのバースデー ライブ「10,600日のありがとう」に、銀座にあるMiiya Cafeへ行って来ました。この日は、noraさんが好きなバンド、アーティストと一緒にということで、noraさんのサポートKeyメロンさんが所属するバンドで、先日のライブも楽しんだTHE MILLIBAR3、今回初見の加藤ひろあきさんが、ゲストで呼ばれていた。

Miiya Cafeは、アコースティックもののライブに行くようになってから、名前はよく聞いていたが、行くのは初めてで、会場の建物に着くと、失礼ながら雑居ビルのような昭和を感じさせるような建物だが、会場の中は、可愛らしく、グランドピアノがあるCafeで、とても綺麗だ。

今回は、友人とTwitterのフォロワーさん3人で行ってきた。この手のライブだから、当然のようにビールを飲み始める!!

時間になると、noraさんが登場し、挨拶、お礼を述べてから、THE MILLIBAR3を紹介し、メンバーが登場。先日のライブで、楽しめることは分かっていたが、今回もその魅力は十分に伝えられたのではないだろうか。
今回はCafeでのライブということで、Drのマリア フランソワさんは、かなり抑えての演奏だったが、小さ過ぎず大き過ぎない力加減が、心地いい。
Keyのメロンさんは、前回同様に上手い!!前回のブログの時に、実は少し気を使って「職人といった感じだ。」と書いたのだが、実は、無表情(笑)!!MCの時にメロンさんをイジられても一切笑わず、無表情を通していて、「なんだ、このバンド内では、そういうキャラを通しているのね(笑)。」と、分かった。このやりとりは、笑えましたねぇ。実際話すと、笑顔で話してくれます!!
Voのメグさんも、前回同様に自ら楽しんで、楽しませてくれた歌とパフォーマンスだった。
セトリが分からないけど、全部で5曲かな?前回やった曲は2~3曲だったと思う。

再びnoraさんが登場して紹介されて登場した、加藤ひろあきさん。まずは自己紹介をしたのだが、しゃべりから面白く、上手い。演奏が始まると、非常に歌も上手く、アコギの音も心地いい。一人で演奏しながら歌っていた。
この方は、インドネシア留学中ジャワ島地震を被災したことが、音楽への源となっているようだ。実際、インドネシア語を交えた詩を歌っている曲もあった。
また、パフォーマンス、MCともに素晴らしく、しっかりと観客を盛り上げてくれた。
加藤ひろあきさんは4曲かな?非常に、好印象を持てたアーティストだった。

そして、いよいよnoraさんの番だ。お礼の挨拶を述べて、サポートGのフミさんを紹介してから始まった“Water bird”だが、出だしで間違えた(笑)。この日のnoraさん、凄く緊張していたようだが、そこはアットホームなお客さんが集まっているのだからから、大歓声だ。仕切り直して再スタート。これが逆に良かったのか、オープニングからしっかりnoraワールドへと、魅了させてくれた。

フミさんのアコギが、またいい音を奏でている。そのフミさんは、12弦、6弦のアコースティック ギターを使い、曲のよっては、スライド・バーを使ってのスライド・プレイもし、リードギターをしている。実は、IRON MAIDEN好きらしい!!とても、魅力的な心地よいギターの演奏だ。

数曲やった後で、サポートKeyのメロンさんを紹介し、登場。前回のライブ時に、私はnoraさんに「前回のサポート ギターの方を含めた3人でのライブも、見てみたいですね。」と言っていたのだが、こんなに早く実現するとは思ってもみなかったし、それを見ることが出来て、嬉しい限りだ。私が言うよりも前に、これは決まっていたことなのだろう。

そのメロンさんは、前回のサポート時よりも自分らしさが出ていたと思う。前回の反省点をしっかり活かしているだけではなく、今回のサポートGがいる3人編成での対応も、しっかり準備していているなと、こちらも感じることが出来た。素晴らしいピアノの音を奏でている!!

そんな2人に支えられているnoraさんは、アコギを弾きながら歌う。曲によっては、この日初登場となったバンジョー・ギターを弾いたり、アンコールでは一人で登場し、ピアノを弾きながらの歌を披露。誤解を恐れずに言うのなら、noraさんの魅力は、楽曲がいいのはもちろんだが、個人的にはライブパフォーマンスにある。自らが本当に楽しんでいるし、そのパフォーマンスに人柄が出ていて、それが凄く自然である。noraさんが盛り上がれば、サポートの二人も盛り上がり、さらにまた、noraさんも盛り上がる。そんな相乗効果が、このチームには感じることができる。だからお客さんも、凄く楽しめるんじゃないかな!?

そんな相乗効果を一番感じられたのは、音源にはなっていない曲だが“Love to Dance”で、Gソロ、Keyソロを交えたアレンジになっていたし、noraさんも自ら「Hey Hey」と掛け声をし、素晴らしい歌声を披露してくれた。やっぱりnoraさんは、ライブシンガーなんだなと、実感できる素晴らしい曲だ。

また、個人的に楽しみにしていた、前回やったメロンさんが作った新曲“ジャガイモ”という曲だが、今回で聴いたのが2回目だというのに、「あー、そうそう、これだよ、これ!!」と、もう個人的には、超名曲!!Bメロからサビへのメロディが絶品だ!!本当に、音源化して欲しいものだ。

noraさんのMCが楽しく、ちょっとカミカミではあるけど(笑)、非常にほのぼのさせてくれる。今回は、持ち時間があったせいか、1曲1曲、丁寧に紹介していて、曲への想いも分かったし、やっぱり人柄も出るんですよね。本当にいい人なんだなぁ。

本編最後にやった“Flower”は、やっぱり何度聴いても個人的超名曲ですね。この曲が凄く気になったのがきっかけで、こうしてnoraさんのライブに来ているのだから、思い入れのある曲だ。最後の「ラララー」を大合唱して、本編終了。

アンコールでは、上に書いたように、一人で登場し、ピアノを自ら弾きながら“くくる”を披露。前のライブの時に、あったCD4枚を購入して聴いたのだが、今のスタイルが完成されたのは、後の2枚だと思っていた。しかし、音楽的には最初からブレていないんだなと、この日、前のアルバムから数曲披露されて、気付いた。noraさん自身は、「録音レベルの違いもあるし」と言っていたが、それぞれの曲が、ライブでは魅力的に変化しているので、やはりこれは、成長なんだろう。

アンコール最後に披露された“楽笑”で、タイトル通り文句なしに楽しく笑い、大盛り上りの中、一本締めで終了!!そこから、フミさんの音頭で“Happy Birthday”の大合唱!!noraさん、ちょっとウルっとしたかな?でも、ここはnoraさんらしく(!?)、改めて一本締めで終了(笑)!!

本当に、文句なしに楽しかったライブだった!!

ライブ後に、noraさんと話すことができたが、ライブでイメージする人柄、そのまんまである。途中、メロンさん、フミさんも交えて話も出来、楽しいひと時を過ごせた。

次のライブは決まっていないそうだが、またライブが見たい、楽しみたい、そんなアーティストだ。そして、音源にも期待したいところだ。是非とも、この楽しいライブ空間を閉じ込めたような、そんな音源を期待したい。

セトリは、今現在分からないが、この日やった、ライブで盛り上がるアップ チューン ナンバーを貼っておこう。

と思ったら、noraさんのブログでセトリ上げてくれたぁ!!

☆nora&fumiステージ
1.water bird
2.二時色
3.カラフルデイズ 以前のライブより
4.猫になったら/BG

☆nora.melon&fumiステージ
5.ぼくはうさぎ
6.Love to Dance 以前のライブより、途中まで
7.ジャガイモ/BG
8.ヘクセンナハト/BG
9.どれだけ
10.Flower PV
~en~
11.くくる piano弾語り
12.楽笑 以前のライブより
*noraさんのブログより

  1. 2013/06/07(金) 03:19:21|
  2. LIVE レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。