Gen-Blog

自分が行ったライブ、買ったCDの感想を中心に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

THOUSAND EYES 「BLOODY EMPIRE」

私は基本、デス系のもの(実はスラッシュ系も!!本当にメタラーか!?笑)は聴かない。せいぜい(デス系でいったら)、ARCH ENEMY、CHILDREN OF BODOM、IN FLAMES くらいしか聴かない。そんな私がこのCDレビューを書いても、何の説得力もないのだが、THOUSAND EYESの1stアルバム「BLOODY EMPIRE」が素晴らしすぎる!!何しろB!誌でも、失礼ながら予想外の高評価である!!

もう、ご存知の方が多いと思うが、このTHOUSAND EYESは、LIGHTNINGのギタリストKOUTA、YOUTHQUAKEのベーシストAKIRA、AFTERZEROのボーカリストDOUGEN、TEARS OF TRAGEDYのギタリストTORU、KNIGHTS OF ROUNDのドラマーJUHKIからなる、5人組の日本のバンドだ。日本のメタルバンドをよく聴いている人からすれば、凄いメンツだ!!と、書いている私だが、実は、恥ずかしながらまともに聴いたことがあるのは、2月にライブレポを書いたTEARS OF TRAGEDYだけなのだが…。
そう、私は単純に、TEARS OF TRAGEDYのTORUが参加しているということで興味を持ち、2月のTEARS OF TRAGEDYのライブの対バンでAFTERZEROを見て、VoのDOUGENのデスVoを聴いて、期待をしていたのだ。
バンドのサイトなんかを見てみると、どうやらGのKOUTAとVoのDOUGENから始まり、構想を練っていくうちにバンドに変化していったようだ。

このアルバムが発売される前に、バンドのHPでアルバムトレーラーが視聴でき、それを聴いただけで素直にカッコイイと、この作品への期待は高まったのだが、実際に完成したアルバムは、予想を上回る作品で、発売を2週間経った今現在、ヘビロテ中である。

このようなメロデスで、自分にとって大切なことは、どれだけ美しいメロディがあるか、メロディが泣いているか、さらに言うなら魅力的なリフで曲を引っ張ることができるか、という点であり、やはりギターが最も重要な要素となるわけだが、その点に関しては、十分に納得できるものであり、KOUTA、TORU共に素晴らしいギタープレイが聴ける。
また、全てで疾走感溢れる曲ながら、リフにしてもメロディにしても違いが見られ、飽きを感じさせない曲作りに、感心させられる。

私は、上に挙げた3バンドくらいしかデス系を聴かないので、他のバンドとの比較が難しいし、その3バンドとは似ている感じはしない。実は一番真っ先に似たバンドで思い出したのは、屍忌蛇率いるVOLCANOだったりする。VOLCANOをデスVoにして、テクニカルな感じと言えば、THOUSAND EYESのサウンドが理解できるだろうか?泣きという部分では、VOLCANO及び屍忌蛇が一枚上手かな。そのVOLCANOのベースで参加しているAKIRAが、このバンドに参加しているというのだから、またおもしろい。

あと、やはりこのバンドにとってDOUGENのVoというのは、かなり重要な武器となっている。はっきり言ってこの手のメロデスバンドに、ボーカルにはそれほど重要視していなかったのだが、このDOUGENというVoは、実に感情をむき出しにして歌っている。2月のAFTERZEROのライブでも、デスボイスながらいいボーカルだなと思ったし、こうして作品でも感情をしっかり感じとれたのは、嬉しい誤算であった。彼は、見た目はいかにもメタルな強面な感じだが、笑うと、人の良さそうな顔するんですよね(笑)。

ライブという面を考えても、観客が一緒に拳を挙げて叫べるであろう箇所が随所に見られるし、伴奏部分ではヘドバンの嵐が想像できるし、やはり見せ所は、各々のギターソロであり、ツインリードであろう。間違いなく盛り上がることが想像できる。

この作品に関しての欠点というのは、感じない。しかし、個人的にリクエストはある。
このアルバムは、全ての曲で疾走感が溢れていて、一気に聴くことができる。それが、このアルバムの魅力でもある。その反面、ミドルテンポの曲なんかも聴いてみたい、そういう曲があってもいいかな、とは思う。あるのかもしれないが、このアルバムには合わなかったのかもしれませんね。
あと、1曲目に繋がるようなオープニングのかっこいいインスト曲があったら、さらに良かったかなと。こういう曲が1曲あれば、ライブのオープニングでも栄えるし、1stアルバムだったから、余計に欲しかったかなと。

私はDISK UNIONで購入したので、特典CD-Rを貰えたのだが、2曲のうちの1曲は、アルバム1曲目“Bloody Empire”のアコースティックVerで、インスト曲になっているのだが、これがまた素晴らしいアレンジになっていて、個人的にはiPodで、アルバムの最後に入れて、アルバムのアウトロとして余韻に浸って楽しんでいる。

お気に入りの曲を書こうと、今も聴いているのだが、全ていい曲なので、特にというのが書けない。今後出てくるかもしれないが、現時点では、全部ということになる。

仕事の休みが分からないので、ライブに行けるかどうか分からないが、休みになればもちろん行くし、行けることを願わずにはいられない。

ということで、東京では、4月27日(土)吉祥寺Crescendoでライブですよ!!

THOUSAND EYES ホームページ アルバムのトレーラーも試聴できます。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/30(土) 13:03:09|
  2. CD/DVD レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gacharic Spin 「Delicious」

私は最近Twitterで、Gacharic Spinのことをあまり呟かなかった。というのは、実はこの新作への期待が出来なかったところが大きい。それは結局のところ、新Voを入れずに、ガチャダンサーズ導入といった情報があり、ダンスミュージックっぽい曲が増えることが予想できたからである。アクセントとしてそのような曲があるのはいいのだが、その割合が増えると、私としては、かなり辛いものがある。

そして、発売日前日にフラゲし聴いたわけだが、一周目の第一印象がとにかく悪すぎた。クラブミュージックやダンスミュージックといったものに、嫌悪感さえ感じる私には、耐え難く、聴くのを途中で止めようかと思ったほど。

ファンでもなんでも無いバンドなら、これでサヨナラなんです、本来は。しかし、ファンと公言している以上、もう1回聴いてみたが、印象は変わらず。

基本的に、マイナスなことは呟きたくないし、ブログでも、期待を込めて書く事はあっても、悪いことを書く気はない。しかし、ずっとGacharic Spinのことを呟いていたのに、新作について何も触れないのも、何か違うだろうと思うわけで、ならば徹底的に聴き込んで、自分にとって何がダメなのか、探して見ることにしてみた。

そのサウンドだが、全体的にデジタル音が散りばめられた印象がある。しかしそれは、元々Gacharic Spinの特徴でもあったわけだが、これまでのそれは効果音としての印象が強く、その中にロック的な印象の残るリフがあったし、曲への期待感も高まったわけだが、今作ではそれが弱く、デジタル音自体がリフとなっている印象がある。

各パートで言うと、Keyのオレオレオナの音が目立つ。これは、実力通りのものが聞けていいし、フレーズによって音を使い分けていて、工夫が見られて好印象。大活躍だ!!

GのTOMO-ZOの音も、今までのGacharic Spinのサウンドより聞き取りやすいと思うのだが、何しろ印象に残るフレーズ、リフが少ないように感じる。デジタルサウンドに埋もれながら、いろいろやってはいるんですがね。

BのFチョッパーKOGAのプレイは、相変わらずバキバキした音を出してはいるものの、彼女の特徴であるスラップが少なく感じ、おとなしい印象を受ける。

Drのはなは、DOLL$BOXXの時もそうだったが、なぜかCDだと彼女の魅力が伝わってこない。ライブの時に見られるドラムの表情が、CDだと驚く程無表情に感じるんですよね。

で、肝心のVoだが、基本的にはメインVoは、はなとオレオで、9曲目のみTOMO-ZOがメインで歌っている。
はなのVoは確かにうまいのだが、それはバックVoとして生きると、個人的には思っている。例えがいいか分からないが、私にとっては、BON JOVIのリッチー サンボラ的な位置付けなのだ。
逆にオレオのVoは、音楽の邪魔をしない声だけに、Gacharic Spinのサウンドには負けてしまう気がする。
では、9.で歌ったTOMO-ZOはというと、彼女のキャラクターを考えれば、見事にそのキャラクターを通しているのだが、個人的には、このような萌え萌えソングはいらない。だが、妙に頭に残る曲と声なんだわ、これが(苦笑)。とんだ迷曲だ(笑)!!

では、メロディはどうなのか。これは、このデジタルサウンドに聴き慣れて気づいたが、昨年発表の“ヌーディリズム”以降、DOLL$BOXXの流れを考えれば、このようなメロディになることは自然であり、納得のいくものかもしれない。サウンド関係なしに、その流れのメロディが好きなら、安心して聴けると思いますね。特に3.の“今を生きてる~2013年 春~”は、まさに“ヌーディリズム”の続編とも言える曲ではないでしょうか。

個人的には、6.の“Never say never”の2分50秒~のメロディがツボ過ぎなんですが…。

8.の“好きな人、だけど... feat.Nose (METALLIC SPIN)”は、Noseがどこでなにをやっているのか、どういう意味があるのか、ずっと分からなかったんですが、どうやら、ラップの部分がNoseらしい!!

全体的にメロディがポップなんですね。VoがArmmy時代をデジタル・ロックとするならば、今はデジタル・ポップという感じ。Gacharic Spinファンには、多くのHR/HMファンがいると思うが、その人たちがどう感じるのか、HR/HMファンにとっては、これはかなり問題作なのではないだろうか。

さて、ライブではどうなるのか。ガチャダンサーズの効果はいかに!?といったところだが、CD購入特典のライブに行けそうなので、それで実体験してこようと思う。バンドサウンドになれば、1.2.6.なんかは化けそうな気もするし、5.なんかは逆にそのままで、ガチャダンサーズの見せ場のような気もするし。PVでは1.でもガチャダンサーズが出ていますがね。楽しめるかどうか、その特典ライブで判断しようと思います。もちろん、楽しめることを期待しています。

ちなみに、もう聴き慣れたので、この作品も普通に聴けます。ただし、ロック要素は少ないですけどね。いろいろと迷わせたこの作品は、自分にとってはまさしく迷盤です(笑)!!

“今を生きてる~2013年 春~” PV

“NEXT STAGE” PV
  1. 2013/03/19(火) 00:51:00|
  2. CD/DVD レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。