Gen-Blog

自分が行ったライブ、買ったCDの感想を中心に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

44MAGNUM LIVE at SHIBUYA BOXX

11月23日(金)、ついに念願の44MAGNUMのライブへ、SHIBUYA BOXXに行ってきました。

思えば9月1日、札幌のHAMMER BALLというイベントが始まる前、私が44MAGNUMのライブに行くとは、全く想像しなかった。私は、SABER TIGERを目的で、そのHAMMER BALLに行ったわけだが、ファンというひいき目で見ても、SABER TIGERと同等の盛り上がりを見せていたように思う。それだけ、HAMMER BALLでの44MAGNUMのライブは素晴らしかったし、格好良く、楽しかった。そして私は、その日を境に、44MAGNUMのファンになってしまったのである。

今回のライブは、ファン投票による、リクエストライブ!!「私のような、ひよっこマグナムファンに付いていけるものだろうか?」と少し不安もありながらも、非常に楽しみにしていました。

仕事の都合上、今回も当日券。当日券を購入してから時間を潰し、開場時間前に再び会場へ。その時間でも、人はまばらである。さらに開場が始まり、番号を呼び始めても、その整理番号の人が来ていないことが多く、当日券の私が入ってもゆうゆう会場の真ん中の辺りをキープできた。開演時間が近づいても、ゆったりしたスペースはそのままに、人が入った感じなので、150人ほどか?44MAGNUMでこの程度の人数とは、HR/HMというジャンルの厳しさを痛感した。

開演時間が少し過ぎて、場内が暗転、SEでMOTLEY CRUEの“LIVE WIRE”が流れる。「えっ、和製モトリーと言われていたから、シャレなのか?」と、思いながら1曲終わり、次に流れてきたのはたぶん、スターウォーズで使われている音楽。そこで、メンバー登場。やはり、JIMMYとJOEへの声援が多い。STEVIEも登場。「おい、ちょっと太ったんじゃないか!!HAMMER BALLから2ヶ月で、何があった!!」と、まるでヴィンス ニールのような感じに。うーん、残念だ。

「オーライ!! ~ お前たちのケツを蹴り上げるぜ!!」の決まり文句で、ライブ開始。1曲目はなんと、1stアルバムの紙ジャケ盤ボーナストラック“I DON'T KNOW WHAT YOU SAY”!!さすが、リクエストライブだけあって、初っぱなからマニアック。演奏、歌唱ともに文句なし。私は後追いファンで、その紙ジャケでCDを購入していたので、助かった。でも、そうでない人もいるようで、盛り上がりは残念ながらイマイチ。続いて“DIRTY LADY”、そして“YOUR HEART”でやっと盛り上がりを見せる。

ここでSTEVIEによるMC。マグナムのライブなのに、ホワイトスネイクの曲をリクエストした人もいれば、モトリーの“LIVE WIRE”をリクエストした人もいたとか!?でも“LIVE WIRE”はやってみたいよねと、ファン投票の笑える裏話。そんな中、意外にも一番票数が多かったと、“LAST TRAIN”をコールして、始める。私もこの曲は好きだが、確かに意外ではあった。

と、私の記憶にあるセトリはここまで(苦笑)。まあ、セトリを覚えに来ているわけではないし、ライブを楽しみに来ているので、ご勘弁を。ファン投票の結果は分からないし、どの程度取り入れたのかも分かりませんが、バラードに関しては票が割れたとのこと。そして、バラードは“LOVE DESIRE”をやった。これも好きな曲。個人的には、ACTⅡで聴かれた、ヴァイオリン奏法のギターソロを聴きたかったが、イントロの一部で聴かれたのみ。

ここからは、今回のライブを見て、思ったことを。

先にも書いたように、私はHAMMER BALLでマグナムのライブを体験し、ファンになったのだが、そのHAMMER BALLでのライブを考えると、スケールダウンしてしまった感は、正直否めなかった。会場の大きさ、豪華メンツ、フェスティバルというお祭り的な空気、マグナムに限って言えば、PAULが2曲にサプライズ出演というのもあった。
普段のライブがまだ未経験なので、今回のリクエストライブで比較するものではないが、やはり普段のライブで聴けない曲をリクエストするものなんだろうか。盛り上がりにバラツキがあり、このような企画の難しさを感じた。そこは、STEVIEも感じていたようで、「みんな元気?目一杯?」「マグナムライブらしくないなぁ」「もっと声出していこうぜ」と煽っていたほど。
あと、現メンバーでしゃべりができる人がいないのも、小さい箱では厳しかった。逆にでかい箱のほうが、ごまかしが利くのかもしれない。
これは、書いても仕方のないことだし、これからもずっと付いてくるんだろうけど、やはりPAULという存在は大きいんだろうなと。私は、最近ファンになったので、昔へのこだわりのないのだが、JIMMYやJOEへの声援の多さを考えると、まだSTEVIEへの声援は少ない。STEVIEは十分にうまいと思うし、十分にカッコよく(今回はヴィンス風だったけど)、PAULの息子であるSTEVIEがVoを引き継いてるのだから、44MAGNUMというバンドを続けていくのには、最高の形だと思うのだが。
あとは、STEVIEのフルでのVoアルバムを出すことが、重要ではないだろうか?そのほうが、持ち味も出るだろうし、自分の持ち歌があれば、STEVIE自身の意識も、また変わってくると思う。バンド年数より若いSTEVIEがいるのだから、ノスタルジーなバンドではなく、今を生きるバンドとしての活動に期待したい。

来年はバンド30周年らしい。「何か出来たらいいね」「その時は違うベースが見れるかもよ」と言っていたので、もし新作を出すのであれば、ここでぜひ、過去の作品を蹴り飛ばすような素晴らしいアルバムを出して欲しいし、楽しみにしたい。私は、44MAGNUMはそれができるバンドだと、信じている。

アンコールの最後は、定番であろう曲“SATISFACTION”で締めた。観客との掛け合いで、「これがやりたかったんだよ」と感動と同時に、もう終わりなのかと、残念な気持ちに。約1時間45分程でライブは終了。普段のライブもこれくらいの長さなのだろうか?いずれにせよ、休みとライブの日にちが合えば、また行くことは間違いないし、またの機会を楽しみにしている。

最後に、Twitterのフォロワーさん2人が、ひよっこマグナムファンの私のために、このリクエストライブに向けての選曲予想や情報提供をしていただいたことに、大きな感謝をしたい。お陰様で、ほぼ分かる曲でしたし、楽しい時間を過ごせました。

あとSTEVIE、ちょっとダイエットして下さいね(笑)!!
スポンサーサイト
  1. 2012/11/26(月) 20:21:39|
  2. LIVE レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Cyntia LIVE at 表参道GROUND

SABER TIGERとANTHEMの新譜の素晴らしさに埋もれていましたが、実はCyntiaの「Endless World」 買っていました。Twitterのフォロワーさんならご存知の通り、私はLIGHT BRINGERやTEARS OF TRAGEDY、Gacharic Spinといった、女性ボーカルものやガールズバンドも聴きますし、全く抵抗ありません。良い音楽で自分の趣味に合えば聴くスタンスなので、意外でもなんでもないのでしょうが、照れからか、なかなか呟けませんでした(笑)。

最初は、「かわいいVoをフィーチャーした、アイドルバンドのようなもんだろう」と、スルーしたわけですが、やっぱり男は単純ですね、それだけで興味は湧くわけですよ!!それで、YouTubeで“The Endless World”のPVのショートVerをチェックしたら、やっぱりVoのSakiはかわいい!!じゃなくて(笑)、この曲が完全に私のツボでした。
さらに、この曲でのGのYuiのチョーキング&ビブラートが素晴らしい。個人的には、チョーキング&ビブラートのフィーリング系(と自分では呼んでいる)ギタリストが好みなので、これは予想外の喜びだったのです。
ほかの曲も、チェックできるものはして、まあ悪くないなと。何よりも“The Endless World”が気に入ってしまい、ジャケットへの抵抗がありながらも、買いました。

個人的感想としては、聴いていてつまらない曲はないのですが、「おっ」と唸る曲もなく、まさに“The Endless World”に尽きる、ということになってしまうんですが、この先、どう化けるかが期待できるバンドだと思います。演奏はしっかりしているように感じます。VoはCyntiaが初めてのバンドということですが、声自体はいい声していると思うし、これから先、成長してくれるでしょう。
さらにGは、PVでも感じたことだが、場馴れしているというか、弾き慣れているというか、すでに自分のスタイルは持っているんだなと。調べてみると、掛け持ちのバンドのほか、サポートの経験もあり、それも頷けるなという感じでした。

と、HP等見ていたら、18日は表参道でライブがあるではないか!!せっかくの休み、ものは試し、最悪目の保養にはなるだろうと(笑)、ライブに行ってみました。

会場に着くと、既に多くの人が並んでいる。「当日券を買う人は最後尾に並んでください」ということで、270と書かれたパネルの後に並ぶ。見た目には、もっと人がいるように感じたが、会場に入ると満員で、広さから見るとなるほど、約300人といったところでしょう。当日券なので、後ろで見るのは仕方ない。まったり見ることしよう。

定刻を10分くらい過ぎた頃か、SEでメンバー登場。デビューシングル時の黒い衣装で登場。「この衣装、チープであまり好きではないんだよな」と思いながらも「やっぱりVoは、アイドル並のかわいさだなぁ」などと思い、しっかり目の保養開始!!
1曲“Moonlight Roulette”が始まると、前方のファン達の盛り上がりが凄い。うん、演奏はしっかりしてるし、歌もCD通りの声で、ライブでは下手ということはなさそうだ。
途中、G、B、Drでのインスト曲と、Kye、Voでの曲で、スムーズにアルバムの白い衣装に衣替えをし、ダレないように工夫していたのも良かった。
さらに、それまでにサポートだったベースを正式メンバーになったと発表あり、そこでは和やかにトークタイム。
さらに開場時に配られたルミカライトを左右に振る曲あり、本編最後では、湘南の風か?というタオル回しもあり、いろいろ考えてるんだなぁと。
アンコールでは新曲も披露し、Cyntiaというバンドのイメージ通りの曲ではないでしょうか。
2回目のアンコールに登場し、MCでSakiが感謝の気持ちを述べてから、持ち曲がなくなったのか(全曲やったのか分かりません)、その日2回目の“Run to the Future”をやった。途中、感極まったのか、Voが詰まった部分もあり、その後逆に必死に歌おうと思ったのか、この日一番のパワフルなVoが聴けたのには驚いた。と、そこでライブ終了。

今回のライブを見て感じたのは、割と多くの曲でアレンジがされていたように感じ、ライブでの工夫が曲だけではなく、場面場面で見られたのは、好印象。
目を引いたのは、CD以上にうまいなと感じたKeyのAyano。ライブではKeyが動けないから目立ちにくいが、彼女のテクニックとキャラクターで、しっかりアピールできていたように思う。
DrのKanokoにしても、意外なほどパワーがあり、これも好印象。
この日、めでたく新メンバーになったAzuにしても、盛り上げながらしっかり演奏している印象。
一番楽しみにしていたGのYuiも期待を裏切らない、チョーキングとビブラートが素晴らしく、一番ライブ慣れしていてメタルをしている感じがあり、小さい体にノーマルサイズのフライングVを持つ姿は、アンバランスなはずなのに、様になっていた。
VoのSakiは、CDの印象を壊すことなく、しっかり音程も取れていて、文句はない。しかし、アイドルちっくなパフォーマンスはやはり、メタルバンドとしては弱い。しかし先にも書いたように、このバンドが初めてのバンドらしいので、経験を積んで、さらに説得力を身につけていけば、と期待できる。本編の最後の曲のイントロでは、8の字ヘドバンをしていたので、やれば出来るんですよ!!

バンドとしては、これは個人的な趣味の問題だが、「おっ」と思わせる曲がもっと欲しいところですね。
あと、2回目のアンコールでは、先にも書いたように、その日2回目の“Run to the Future”をやったが、1枚しかアルバムがないのだからこそ、カバー曲でも良かったのではないかと思う。
もう一つ、VoのSakiは、ファルセットを全く使っていないように感じたので、まだまだ高音が出る可能性があるのでは?と、思う。アルバムが、Sakiが加入する前から曲を書いていた関係もあるだろうが、今後は、メロディの幅も広がるのではと、期待できる。

と、いろいろ書きましたが、期待値を高めてくれた、楽しめたライブでした。それにしても、Sakiはかわいい(笑)!!
  1. 2012/11/19(月) 17:05:51|
  2. LIVE レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ANTHEM LIVE at CLUB CITTA'

11月10日(土)、ついに念願のANTHEMのライブへ、CLUB CITTA'に行ってきました。今まで、ANTHEMは聴いていたものの、今までライブの日と休みが合わず、今回やっと、その機会が訪れたのだ。

そもそも私は、アニメタルを聴いて、そのボーカルに衝撃を受けて、ANTHEMやほかのジャパメタを聴き始めたという、ちょっと変わり者なんです(笑)。なので、アニメタルのライブは何度か行ってますし、英三さんはジャパメタを聴くきっかけとなった人なので、非常に思い入れがあるんですよね。

今回のライブは、皆さんもご存知のように、本間さんは不参加。それに加えて、最近私が参加するライブは3500円くらいのものが多く、6000円という値段に驚きながら、「こんな機会は今度いつ来るか分からない」と思い、参戦してきました。

つい2日前にチケットを買ったので、開場ギリギリの時間にチッタに到着。すでに凄い人で、ANTHEMの格の違いを早くも目の当たりにした。

会場に入ると、半分ほどすでに埋まっていた。ツイッターのフォロワーさんがいい位置にいたので、私もそこで見ることに。真ん中の柵を一人分後ろのセンターという位置。音を楽しむにはいい場所でしょう。

予定の時刻が近づく頃には、スペースに余裕がありながらも、満員状態に。

そして、SEで“Heaven & Hell(BLACK SABBATH)”が大音量で流れ出し、初めての私でも、これが始まりの合図だと分かり、テンションが上がる。いつもこの曲なのかどうかは分からないが…。そこからSEで“OVERTURE”が流れ、いよいよメンバー登場!!が、照明のせいかいまいちメンバーが見えない(苦笑)。“ON AND ON”が流れた時、4つの炎が上がり、思わず「おぉー」と、声を出してしまった!!これはもう、圧巻でしたね。そして熱い(笑)!!

私はツイッターで、この日のライブを一口感想で、「いろいろ思うことはありますが、新譜の良さを再確認できた、純粋に楽しめたライブでした。念願のANTHEMライブ、行ってよかったです。」と、書いてますが、いろいろ思うことを書いてみようと思います。

まず最初に思ったのは、意外と耳に優しい音なんだな、ということ。これはライブ後のオフ会で、ANTHEMファンの方との話にも出たのだが、本間さんのドラムの音がデカイから、ほかの楽器の音も上げなければならない、ということのようです。

そして、今回非常に残念だったのは、英三さんの調子が良くなかったということ。これもANTHEMファンの方との話で出たのだが、ファンの方も言うんだから、やっぱりそうなんでしょう。そして、「こんなもんじゃないですよ!!」とも。いや、分かってますよ。アニメタルのライブで、英三さんの凄さは見ていますからね。
ただ、最近行ったライブでは、ボーカルが素晴らしいものが多かったこともあり、ボーカルの調子が悪いライブというのは、やはり印象が全然違うものだなと、感じました。でも、ボーカルというのは自分自身が楽器ですからね。そりゃいい時もあれば、悪い時もありますよね。

あとは選曲ですね。新作が良かったので結果オーライなんですが、やはり本間さんが不参加ということで、サポートの田丸さんが叩いた新作+αという感じでした。これだけ歴史のあるバンドですから、あれも聴きたい、これも聴きたい状態なんですが、あえて1曲“RUNNING BLOOD”は本当に聴きたかった!!

とまあ、3つほど意見を書きましたが、先程も書いたように新作が良かったので、それを再確認出来たし、非常に楽しめるライブでした。

それにしても、柴田さんは本当にカッコよかった。もういるだけですごい存在感なんですよね。ベースを弾いている姿があれだけ絵になる人は、そういないです!!ベースの音もしっかり聴こえましたので、メロディアスなベースラインを堪能できましたし、音に凄く魂を感じました。

英三さんはさすがのフロントマンで、アニメタル時のおちゃらけ過ぎたキャラは封印でしたが、そこはANTHEM!!しっかり熱い、そしてお客さんを盛り上げてくれました!!

清水さんは、アグレッシブさは後退。しかも少し太ったか!?でも、演奏は素晴らしく、再結成ライブ時のDVDで見たライブ慣れしていない感は、さすがに解消されて、貫禄が付いた感じ。デブギタリストにだけはならないで欲しいですね(笑)。

本編終盤に見せた“EVIL ONE”“BOUND TO BREAK”“IMMORTAL BIND”“WARNING ACTION”は、まさに圧巻の4連チャンで、特に思い入れのある“BOUND TO BREAK”には、感動したものです。そしてやはり、“WILD ANTHEM”での大合唱ですよね。皆が拳を挙げ、会場が一体感に満ちている。これはもう、鳥肌が立ちまくりでしたね。

とまあ、結果的には非常に満足のいくライブで、また機会があれば、ぜひANTHEMのライブに行きたいと思っています。そのときは、本間さんを含むメンバーで、英三さんが調子がいいことを、願わずにはいられません。

セトリについては、いちいち覚えていませんでしたが、ほかの方のBlogで、見ることができました。Blogを始めたばかりですので、それをそのままコピーしていいものか分からないので、ここでは書かないでおきます。
  1. 2012/11/12(月) 10:54:27|
  2. LIVE レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Blog開設

皆さん、こんにちは。Blogを開設してみました。

初めましての方も、Twitterからこちらを見に来ていただいた方も、これから、よろしくお願いします。

私はよく、ライブに行くと、その感想をTwitterで連投してしまうのですが、前から、そんなことはブログに書けよ、と自分でも思っていました。
ただブログとなると、更新する大変さや、文を書くことへの苦手意識もあり、今までやらずにいました。

今回、これも挑戦と思い、やってみることにしました。

皆さんのブログのように、おもしろおかしく書く事は苦手ですが、ライブの感想やCDの感想を、不定期ながら書いていくつもりです。それが、のちのち、自分の記録にもなるでしょうしね。

そんなわけで、皆さん、よろしくお願いします。
  1. 2012/11/10(土) 14:43:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。